FC2ブログ

中学生の福祉体験学習を行いました! 

グループホームまんてん堂つるみ緑地の真向かいには
大阪市立緑中学校があります。
部活動が盛んで授業の時間が終わると、
にぎやかな生徒たちの声が心地よく聞こえてきます。
そんな、緑中学校から5/29~5/30の2日間、「福祉体験学習」という
授業の一環で4名の生徒が来てくれました。

ちなみにこんなスケジュールで行いました↓
スケジュール福祉体験


福祉学習に力を入れている緑中学校では、
トライやるウィークの代わりに福祉体験学習が行われています。
一般的なトライやるウィークは、パン屋さんや一般企業から福祉施設まで
様々な仕事の中から生徒たちが希望を出して参加しますが、
緑中学校は仕事の体験先を福祉の事業所に限定しています。
(そのため生徒を受け入れて頂けるたくさんの福祉施設を見つけて調整
していくことは当初とても大変だったそうです)
事前の打合せの際、福祉施設に限定している理由を学校の先生に尋ねてみると、
「福祉以外の仕事は生徒たちが今後の学生時代にアルバイト等で経験できるものが多く、
逆に福祉施設は今しか体験できないことが多いからです。」とのお答えでした。
また核家族化で、おじいちゃん、おばあちゃんと同居する世帯は少なくなっていて
子供達がおじいちゃん、おばあちゃんと接する機会が本当に減ってしまっているとも話されていました。
超高齢化社会が進んでいるのとは、逆行して高齢者の方と接する機会が減っている子供達。
緑中学校のように子供の頃に高齢者の方と接する機会を積極的につくっていくことは
これからの時代、とっても大切なことと感じました。
(子供の頃にこのような機会があれば将来、介護職につく子供達も増えるはずですよね!)

2日間の福祉体験学習を終えて、緑中学校の生徒の皆さんが感じた
「介護は、○○○(な・する)仕事」を書いてもらいました。

「介護は、入居者様を笑顔にする仕事」
「介護は、やりがいがあり笑顔になる仕事」
「介護は、新しい発見がある仕事」
「介護は、とても楽しくてみんなと家族みたいになる仕事」

それぞれにいい体験をしてもらえたんだなと本当に嬉しい気持ちになりました。
ちなみに私自身の思いは、「介護は、人を幸せにする仕事」
入居者様だけでなく、家族様や今回関わってくれた子供達のような地域の方々も含めて、
地域を幸せにできるとっても魅力的な仕事だと思っています。

<福祉体験学習の様子>
fukushi1.jpg 
まずは認知症の勉強。

fukushi5.jpg
福祉用具のライフマークさんに最新の福祉用具の体験会を開いて頂きました。

fukushi4.jpg
トータルサロンえがおさんにモビバン健康体操を教えて頂きました。

fukushi3.jpg
昭和の遊びをテーマにしたレクレーションでは、
割り箸鉄砲の射的ゲームに生徒の皆さんも入居者様も大いに盛り上がりました!

その他にも夢を語るコーナーでは、生徒の皆さんから将来の夢を聞かせてもらいました。
泪を浮かべながら聞いておられた入居者様は「みんなの夢が叶うようにみんなで応援しようね!」と
話してくださいました。

最後には、生徒の皆さんが感謝の気持ちをこめて、
サプライズで「ふるさと」の唄の合唱をプレゼントしてくれました。
純粋でさわやかな生徒たちと交流できて、
入居者の皆様も、職員もとっても楽しい2日間になりました。
お別れのとき「また必ずここに来させて頂きます。」と言ってくれた言葉がとっても嬉しかったです。
すぐ近くなので、本当に放課後や登校前に気軽に立ち寄ってもらえたらうれしいです!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まんてん堂

Author:まんてん堂
介護の仕事は天職だと思っています。太陽のような笑顔で、なんでもやってみようのしづちゃんが、日常のあれこれを綴ります。どうぞお楽しみに♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR