ヘルパー研修「福祉用具はヘルパーが訪問していない23時間を支えるもの」

ヘルパーセンターでは、ヘルパーさんのスキルアップのために毎月研修を行なっています。
今月は、福祉用具相談専門員の方を招いて、在宅で何気なく使っている福祉用具について学びました。
shinnagata0627_1

在宅生活を支えるためには、ヘルパーが訪問していない23時間を支えるものが
福祉用具であると認識していただくのが目的でした。

ケアマネや福祉用具屋さんは、商品を選定し、設置します。
しかしそれがどのように使われているのかを知る事が出来るのは、実際に訪問するヘルパーさんです。
そのヘルパーさんが、きちんとした知識がなければ、せっかくの利用者様の自立を助ける
福祉用具も、役に立たなくなってしまいます。
そんな思いから、企画したセミナーの内容は、
実際に福祉用具を目の前にして、「歩行器とシルバーカーの違い」「杖ゴムの話」
「車椅子の車輪の向きが、事故に繋がる事を実際に体感してみよう」など、
福祉用具が、これまでよりも身近に感じられたものでした。 shinnagata0627_3


そして、訪問のヘルパーさんが利用者様の第一発信者になる立場であることや
本当の笑顔に出会うためには、「専門家」として利用者様・家族様に「きちんとした知識」を
お伝えし、適切な道具を選択していただく事も大切なのだと教えていただきました。
「まんてんの笑顔を忘れずに日々の仕事を頑張ってください」とのメッセージもいただき、
とても、充実した研修であったと思います。

まんてん堂は「福祉用具にも強い」ヘルパーセンターとして、頑張っていきたいと思いました。
講師の「村上 享先生」本当に、ありがとうございました。
shinnagata0627_2

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まんてん堂

Author:まんてん堂
介護の仕事は天職だと思っています。太陽のような笑顔で、なんでもやってみようのしづちゃんが、日常のあれこれを綴ります。どうぞお楽しみに♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR