FC2ブログ

まんてんグループの大切なこと・・・理念Ⅳ 

今日は、雪がちらついていましたねぇ・・・
皮膚が痛かったですもんねΣ(´Д`*)

思わず、缶コーヒーを2つ買って、ポケットの中に入れて、
手をあたためていたしづです。

こんにちわ(^∇^)ノ

さてさて、

ここのところ、まんてんグループが大切にしている理念の話ですが、
まとめてみたいと思います( ̄^ ̄)ゞ



自分の親に受けさせたいと思える介護サービス

自分自身が受けたいと思える介護サービス

この二つは、それぞれ人の価値観が様々に交錯してしまう場合があります。

例えば、ご家族から、散歩は、毎日行って欲しいと言われているが、ご本人は、行きたくないと言われた場合。
さあ、どうしましょうか。

ご家族の想い、ご本人の想い、スタッフの想い・・・

毎日、散歩には、連れて行って欲しいと思う人、外には出たくない人、
散歩ぐらい毎日いくべきだと思う人、散歩に行かないと、足腰弱りますよ。だから行かないと!!

などなど、どうしたらいいのでしょうね。

答えは・・・でません。
それは、その方の事を、その方にとって、一番いいのは、何かを
それぞれの立場で、真剣に考えれば、考えるほど、分からなくなるのです。

でも、その方の事を知りたいと想い、ご家族やご本人から、お気持ちを聞かせていただいたりしながら、
スタッフも専門性を持って、お話をしたり、その方の事を一生懸命、考えることが大切なんじゃないかと思っています。

散歩に行く日もあれば、行かない日もある。それは、その時、その時の最善の結果だということなのですね。

反対に、

親に受けさせたくない介護サービス、自分自身が受けたくない介護サービスは何かと考えると、

怒らないでほしい。無視しないでほしい。困っていたら助けてほしい・・・

そう、結局は、

大切にしてほしい。
となりで笑顔で笑っていてほしい。


それは、親であっても自分であっても、共通の思いになっているので

目の前にいる方を大切にすること。笑顔で接することは、大前提になりますね。

最後に

今の子供たちに自信を持って継承してもらえる施設

小学校に通う子供たちが、施設の前を通ります。

スタッフと、おじいちゃん、あばあちゃんが、笑顔で、お花にお水をあげています。
「おはよう!、元気に行っておいでね」と声をかけてくれました。
とっても嬉しかったって思ったら、ここの施設に自分のおばあちゃんがいたらいいな。
ここで働いている人って、いつも楽しそうだから、自分も大きくなったら、ここで働きたいな。

そんな風に子供たちに思ってもらえる施設にするには、どうしたらいいのでしょう。

そう、笑顔で働く職員のお給料と、建物を修理したり、お花を買う予算と、
小学生の子供たちが働く年齢になるまで施設を継続させていく事を考えていかなければなりません。


介護保険という公費サービスのルールの中で、社会的使命をもち、社会資源として、
継続していかなければならない。

そのルールの中で、最大限努力し、公費サービスとしての高みを目指していくということ。

地域に信頼され、愛される施設として、継続していくということ。

子供たちに自信を持って継承していける施設として、

信念を持って、真剣に、日々、取り組んでおります。( ̄^ ̄)ゞ


20180126172952694.jpg

まんてんグループの施設には、玄関入ってすぐのところに、このプレートを掲げております。

施設見学された際には、ぜひ、探してみてくださいね♪




















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まんてん堂

Author:まんてん堂
介護の仕事は天職だと思っています。太陽のような笑顔で、なんでもやってみようのしづちゃんが、日常のあれこれを綴ります。どうぞお楽しみに♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR